抽出方法

超臨界二酸化炭素抽出


超臨界二酸化炭素抽出法でヘンプの茎からCBDを抽出しています。 この抽出法は天然志向、有害な有機溶媒を使用しない、環境負荷低減の視点からも注目されています。
・低温での抽出が可能であり、熱に弱い植物本来の成分を損なうことなく抽出。
・酸化による劣化や成分変性が起こりにくい。
・抽出過程で二酸化炭素しか使用しないため、食品にも安心して使える。

Language
Japanese
Open drop down